« 沖縄へのフライト | トップページ | 幻のサーターアンダギー »

2006/02/07

ゆいレール

2003年8月に開業したゆいレールは、空港と国際通り、新都心、首里方面を結ぶ足としてすっかり定着した感があります。なにしろ、空港から首里方面までバスだったらたっぷり1時間かかるところが、30分足らずで到着することができます。加えて、空港アクセスを担うことにより、観光客にも馴染みの存在になっています。

那覇空港駅の窓口で2日乗車券(1000円)を購入。1日乗車券なら600円ですが、これを提示すれば首里城や玉陵(たまうどぅん)などの入場料が割引になるのはありがたいサービスです。

高いところを走るので眺めも抜群です。那覇空港駅を出ると、飛行機を眺めることができますし、首里駅の手前からは首里城も見ることができます。特に夜はライトアップされた様子が幻想的です。

モノレールに乗ると、車内放送でメロディが流れます。これが駅ごとに異なる沖縄メロディで、聴いていて楽しいです。このメロディにのせて、ついつい踊りたくなってしまう人がいるとかいないとか(笑)。。。

今回の旅でもゆいレールは大活躍。市内を行ったり来たりと存分に活用させていただきました。

|

« 沖縄へのフライト | トップページ | 幻のサーターアンダギー »

コメント

 ゆいレールは、車内放送の駅別のチャイムが楽しいですよね。当方はあれを聴く為だけに全区間乗ったこともあります。
 現地で聞くのが一番いいでしょうが、ゆいレールのHPからでも聴くことが出来ます。
 また、話が違いますが、普天間基地の辺野古への県内移転が実現したら、地域振興策というか、那覇ー名護間に本格的鉄道を敷設する構想もあるそうです。

投稿: おおとり | 2006/02/08 20:18

>おおとりさん
あの沖縄メロディは聴いていて楽しいですね。はるばる沖縄までやってきたという気にさせてくれます。

那覇と名護の間に鉄道建設の計画とはビックリです。まあ、基地の見返りというのが気になるところではありますが。やっぱり、58号線沿いに建設することになるんでしょうか?

投稿: つばさ | 2006/02/08 22:45

 那覇ー名護間の鉄道は沖縄市や石川市を経由するそうでどちらかというと、琉球政府道1号線、もとい国道58号線よりも沖縄自動車道沿いかもしれません。

投稿: おおとり | 2006/02/08 22:59

>おおとりさん
なるほど、コザの方を通るのですね。確かに沖縄自動車道沿いの方が利用客が見込めそうな感じがします。
ちなみに石川市は具志川市と合併して「うるま市」になりました。

投稿: つばさ | 2006/02/08 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/8556344

この記事へのトラックバック一覧です: ゆいレール:

« 沖縄へのフライト | トップページ | 幻のサーターアンダギー »