« 沖縄ゆき・・・ただいま計画中 | トップページ | 2006年度上期、JALの割引運賃 »

2006/01/16

列車は1日3本だけ!?

列車の運転本数がこれだけ少ないというのは地方のローカル線ではよくある話で、北海道には確か上下1本ずつしか停まらないという駅があったと思います。ところが、これが神奈川県内となると思わずびっくりしてしまうでしょう。

鶴見線大川駅からの土休日運転、乗客減り3本に
 (カナロコby神奈川新聞より)

なんとまあ、3月のダイヤ改定から鶴見線の大川駅発着の電車が土休日に限って1日3本にまで減少してしまいます。ちなみに平日も11本だけ。まあ、工場地帯の通勤輸送の役割を担っているのですが、土休日は工場も操業が止まりますし、工場自体も合理化で人数が減らされています。そういう状況なので、土休日の利用者はせいぜい十数人程度ということになれば、この減便はやむを得ないところなのかも知れません。

ここは最後まで茶色の旧型国電が1両で走っていたところなので、その当時はノスタルジーを味わうには格好なところでした。しかし、電車そのものも103系から205系に変わっていくにつれ、どことも変わらない通勤路線になってしまいました。

とにかく、都会の中を走っていながらも、本数だけは超ローカル線と変わらなくなってしまうため。乗りつぶしをしようものなら、本当に一苦労しそうなところになってしまいますね。

|

« 沖縄ゆき・・・ただいま計画中 | トップページ | 2006年度上期、JALの割引運賃 »

コメント

よくよく考えたら、電化線区では一番本数が少ない区間になってしまうのかも。もっとも平日を考えればそうでもないかもしれませんが。

投稿: のぞみくん | 2006/01/17 23:31

>のぞみくん
いやいや、上には上がいますよ。
山陽本線の和田岬支線は、休日は2本しか運転がありません。ここも純然たる通勤路線ですから、休日の運転本数が少なくなってしまうのはやむを得ないところでしょう。

投稿: つばさ | 2006/01/18 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/8194802

この記事へのトラックバック一覧です: 列車は1日3本だけ!?:

» 京浜工業地帯の熱き“交通戦争” [とのさまのおしごと by 雲葉]
電車とバス、どちらなら乗れるかな…   【沖縄通信支局】 東京と茨城方面の乗客をめぐり、JR常蛮線、チバラギ国際急行(TX)、高速バスの三つ巴の競争が激化し、乗客の争奪戦が繰り広げられる中、京浜工業地帯でも同じく三つ巴の競争が展開される兆しが出てきた。   京浜工業地帯では川崎鶴見臨港バス、JR鶴見線、横浜市営バスの各社局がそれぞれ特色あるサービスを展開させ、通勤客だけでなく鉄道・バスマニヤをも唸らせて�... [続きを読む]

受信: 2006/01/16 23:27

» 名実ともに「都市部のローカル線」?! [Cassiopeia Sweet Days]
土休日だけとはいえ、まさか1日3往復になってしまうことになるとは思いませんでした。 [続きを読む]

受信: 2006/01/17 00:03

« 沖縄ゆき・・・ただいま計画中 | トップページ | 2006年度上期、JALの割引運賃 »