« おけいはん | トップページ | 線路は続くよ・・・ »

2005/12/04

自由軒のハイシライス

大阪・難波の自由軒といえばライスとカレールーが最初から混ぜられて、その上に生卵がのっかっている「名物カレー」で知られているお店です。でも、一見するとアーケード街にある街の定食屋って感じです。まあ、実際に洋食メニューもあれこれと充実しているのですが・・・。この「名物カレー」、ピリッとした辛口のカレーですが、卵を混ぜ合わせることによって辛さがマイルドになって食べやすくなります。

さて、今回はその「名物カレー」ではなく、「ハイシライス」を注文してみました。一般的には「ハイシライス」もライスとルーが混ぜ合わされた状態で出てきて、生卵がのっているところも「名物カレー」と同じです。もちろん「別ハイシ」と呼ばれるライスとルーが別々になっているものもあります。この「ハイシライス」、混ぜ合わされた状態なので具はほとんどありませんが、一口食べてみるとちょっと懐かしい感じの味わいで、卵を混ぜてみるとまた違った味わいになります。

ところで、つい最近まで「横濱カレーミュージアム」にも「自由軒」を名乗る店が存在していました。しかし、ここに出店していたのは「せんば自由軒」で、難波の店とは全くの別物です。全国展開やらレトルトカレーとかの販売をやっているので、「せんば」の方が目立ってはいますが、やはり元祖は難波の方です。お互いに親戚関係にあるのですが、難波の方は「当店とは全く関係がありません」とハッキリ謳っています。

本物の自由軒(自由軒オフィシャルサイトより)

まあ、お互いに切磋琢磨して本物の味を守っていくのならともかく、全国展開などして味の評判を落とさないようにしてもらわないといけないのでしょうね。

|

« おけいはん | トップページ | 線路は続くよ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/7467495

この記事へのトラックバック一覧です: 自由軒のハイシライス:

« おけいはん | トップページ | 線路は続くよ・・・ »