« 名将死す・・・ | トップページ | 寒波襲来 »

2005/12/17

羽田へのナイトフライト

伊丹からはJAL1526便で羽田に戻ります。

今回の機材はボーイング777-300で、JAL便では初めて搭乗します。以前、九州からの帰りのANA便がこの機材で、3-4-3の詰め込み仕様になっていて閉口していたものですが、JALの方は普通席でも3-3-3のシート配置になっています。もっとも、「クラスJ」が設定されている便ですから、最初からこちらの方を予約してしまうのであまり関係ありません。

伊丹-羽田のようなビジネス需要が大きい路線なら、「クラスJ」の方が先に埋まって、普通席の方が空いているということがよくありますが、この便もご多分に漏れず「クラスJ」は満席でした。

伊丹空港は運用制限が厳しいので、遅い時間になると着陸優先になって、離陸まで延々と待たされることもあるのですが、今回はすんなりと離陸。大阪市内の夜景を眺めながら羽田へと向かっていきます。明かりが見えなくなってしまうともうどこを飛んでいるか分からない状態で、気がついてみたらもう木更津のあたりで着陸態勢という感じです。水平飛行の時間が短いにもかかわらず、ドリンクサービスもお代わりを勧めてくれたりと、満席の中精一杯してくれるところは大したものです。

羽田はA滑走路に着陸したので、スポットにはいるまでさほど時間もかからず、ドアが開くと早足で京急の駅に向かいます。うまい具合に横浜方面ゆきの電車が停まっていたので、飛行機を降りてわずか10分後には車中の人となっていました。

というわけで、関西の旅ログはこれでおしまいです。

|

« 名将死す・・・ | トップページ | 寒波襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/7670648

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田へのナイトフライト:

« 名将死す・・・ | トップページ | 寒波襲来 »