« ラピート | トップページ | 嵐山・高雄パークウェイ »

2005/11/22

阪急電車で嵐山

なんばから梅田までは地下鉄御堂筋線でつなぎ、梅田から阪急電車で京都に向かいます。梅田の地下街は歩いているうちに迷ってしまうこともしばしばなのですが、どうにか阪急の梅田駅までたどりつくことができました。なんとか9時40分発の特急に乗れそうです。

うまい具合に2ドアの電車が止まっていて、ゆったりと過ごせそうです。でも、階段を上ってすぐの車両は女性専用車(京都線の特急で終日、5号車)だったので、駆け込むわけにはいかず、急いで先頭車両まで行って席を確保することができました。で、この車両が携帯電話OFF車両(最前部と最後部)とかで、なにかと制約の多い車両だったりします。車内を見渡すと平日にもかかわらず、明らかに京都に紅葉を見に行くという出で立ちの人が非常に多く見受けられました。

十三までは神戸線と宝塚線の線路も並行して通っています。淀川の鉄橋をゆっくり渡ると十三になります。昔の特急だったら「十三から京都の大宮まで止まりません」となりますが、今ではすっかり様変わりして、途中の主要駅にもどんどん止まっていきます。茨木市・高槻市・長岡天神・桂といった具合。これじゃあ以前の急行と大して変わらないのですが、JR西日本の新快速にスピード勝負で全く勝ち目がないのはわかっているので、途中駅でお客さんを拾っていくという形にせざるを得ないのでしょう。

40分ほど乗った桂で乗り換え、嵐山まで行きます。こちらはもうすっかり観光列車のような雰囲気で、平日とはいえ紅葉の時期の京都を訪れる人がこんなにも多いのかと、すっかり驚きの表情になっていました。もっとも、自分もそうなんですけどね(苦笑)。

|

« ラピート | トップページ | 嵐山・高雄パークウェイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/7268621

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車で嵐山:

« ラピート | トップページ | 嵐山・高雄パークウェイ »