« 大株主の圧力に屈するな | トップページ | マリーンズ31年ぶりV »

2005/10/16

村上ファンドの矛盾

TBSと阪神電鉄の大株主になった村上ファンド。球団に対する扱いは双方で大きく異なっています。阪神タイガースに対しては株式上場を迫るに対して、TBSが保有している横浜ベイスターズに対しては売却せよと、まさに正反対の扱いです。

彼の言い分によれば「なぜTBSというテレビ局がベイスターズを保有しなくちゃならないのか、と。テレビ事業のコンテンツを増やしていくなら、放映権の契約を10年でも20年でもすればいいのであって、(球団株式は)よけいな資産だ」ということなんですが、それを言うならスワローズだってフジサンケイグループがからんでいますし、ドラゴンズジャイアンツも親会社はマスコミですね。なぜ、TBSだけがそのように言われなければならないのか、理不尽なところです。

まあ、彼に言わせればすべては「企業価値・株主価値を高めるため」ということになるんでしょうが、こうやって買い占めた株もいずれは高値になったところで売り払って儲けようという腹づもりなのでしょう。そういうマネーゲームに球団が振り回されるのはあまりいいものではありません。選手だって、ファンだって不安なんです。村上という人間はそういう人たちの気持ちを考えているのでしょうか。

こういう理不尽で矛盾だらけの要求には断固として反対していかなければなりません。

|

« 大株主の圧力に屈するな | トップページ | マリーンズ31年ぶりV »

コメント

トラックバックありがとうございます。

村上ファンドについては、本当に世間を騒がしますよね。

それで、横浜だけ言われるのは確かに心外ですね。まぁ、村上氏からするとTBSの株を持っているから言うということになるのでしょうが・・・。

投稿: SHU | 2005/10/18 10:12

>SHUさん
ホント、村上という人物はお騒がせでですね。「物言う株主」とか言っているけど、要は自分が儲かればそれでいいのでしょう。
けど、球団に関しては、ビジネスのルールだけで片を付けられる問題ではないような気がします。選手・ファンあっての球団ですし、金儲けの道具として使われるのは不快感を覚えますね。

投稿: つばさ | 2005/10/18 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6429409

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドの矛盾:

» 村上ファンドが横浜売却 [つらつらロンドン]
TBSの株を7.45%持っている村上ファンドが 横浜ベイスターズの売却をやっぱり提案してました。 楽天とは一緒の行動をしていないといってますけど、 このまま行くと、楽天残り横浜売却。もしくは、楽天も横浜も なくなるもしくは売却っていうことにもなりうる事態。 村上氏は阪神タイガースは優良資産で3年連続赤字の横浜には 資産価値がないと判断。企業に対して、株主の立場から徹底的に 利益追求を主張する村上氏からすると... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 10:08

« 大株主の圧力に屈するな | トップページ | マリーンズ31年ぶりV »