« 10月・・・ | トップページ | この電車の行先はどこ? »

2005/10/02

ドリーム号が変わる

夜行高速バスの代名詞とも言える「ドリーム号」。首都圏と関西圏を結ぶ移動手段として人気を博していますが、11月からさらにお客さんのニーズに対応する形でダイヤが改定されます。

 関西圏~東京圏の高速バス大改正!!JR西日本ニュースリリースより)

今回の目玉となるのは高級化路線ともなる「スーパードリーム」と超格安便「超得割青春号」の登場でしょう。「スーパードリーム」は新開発された「眠るためのシート」を搭載し、アイマスクやスリッパなどの「快眠グッズ」を提供することで在来便との差別化を図っています(ちなみに、2階建バスではないようです)。運賃のことは書いてありませんでしたが、在来便と一線を画した快適環境を提供することで、少し高めの設定になるかも知れません。

一方の「超得割青春号」は4列シートトイレなしのバスになりますが、なんと言っても魅力はその値段。なんと4200円です。しかも、満席になった時には補助席まで売り出して、お値段はさらにその半額の2100円。多分にツアーバスを意識しているのでしょうけど、2000円ちょっとで東京-大阪間を移動できるというのは驚きです。

とはいえ、トイレなしのバスを使うとなれば、途中での休憩は欠かせません。ましてや、補助席まで売り出してしまうとなれば、車内を移動するにも不自由です。休憩時に降りる用がないとしても、ほかの人が降りたいのなら移動しないといけません。とても安眠できる状況ではないでしょう。割り切って安く移動したい人向きでしょうね。

あと、一部のドリーム号が御殿場・厚木・大和に停車するようになるので、近くの人には便利になりそうですね。

|

« 10月・・・ | トップページ | この電車の行先はどこ? »

コメント

わたしもこのニュースには驚きました。
たとえ補助椅子とはいえ、2100円ですもんね。
といっても、ほんとに補助椅子で大阪から東京まで行けるのか、
ちょっと心配になります。
もうひとつのスーパードリームの価格設定も気になりますよね。
こっちはぜひ、体感してみたいと思っています。

投稿: はるか | 2005/10/03 17:37

>はるかさん
確かに2100円という価格設定には驚かされますが、補助席で8時間近く過ごさないといけないとなると、これはもう拷問に近いです。間違いなく眠れません。
仕事の帰り、横浜ゆきの高速バスで帰宅する時に補助席になってしまうことがしばしばあるのですが、あの狭苦しい空間には30分以下でも我慢できないです(苦笑)。
やはり夜行バスって眠っている間に移動できるというメリットがあるのですから、今回の「スーパードリーム」のように眠ることを第一に考えるというコンセプトは大歓迎です。通常便より多少高くなるでしょうけど、一度は試してみたいですね。

投稿: つばさ | 2005/10/03 21:34

まあ、格安系とデラックス系を同じ路線で同じ会社がやるのは、これはこれで選択の幅が広がるわけで、いいことだと思います。「何でもいいからとにかく大阪に行きたいんだよっ!」という向きには歓迎されるでしょう。まあ間違いなく眠れないでしょうけれどね。JRバスの場合は「あっちで値段を下げた分こっちで取り返す」という状態なので、採算上はほとんど変化がないはずです。
むしろ、会員制の格安夜行バスの方が気になります。対抗してさらに値下げとかいう話になると、どこで費用を切り詰めるのか…?どうも観光バス会社がさらに安値で買い叩かれるような気がしてしょうがないのですが。

投稿: のぞみくん | 2005/10/03 21:42

“ながら”は混雑期には「走るスラム街」なんて揶揄されてますけど、こちらは「走る路上生活」になりそうですね。(爆)
休憩で降りたい4200円客と寝ている2100円客との間でトラブルにならなければいいですが。最初から分かって買っているはずなのに文句を言う輩は必ずいますからねぇ。

投稿: 雲葉@横浜ジプシー | 2005/10/03 23:27

>のぞみくん
とりあえず、補助席利用で2100円というのも、普段使わない席を売り出すわけですから、乗れば乗るほど儲かるのかも知れません。
とはいえ、リクライニングのない狭い補助席で8時間辛抱しなさいというのは、やっぱり御免蒙りたいです。

>雲葉さん
「走る路上生活」ですか(笑)。とても「ドリーム」とは言えない環境なのは間違いないでしょうね。
補助席まで埋まってしまえば、当然身動きが取れなくなってしまうわけで、やはり休憩時はトラブルが起こりそうな感じですね。

投稿: つばさ | 2005/10/04 21:46

まさか、JRバス関東は「つくば号」のメガライナーを転用するのではないでしょうね(爆)
 それはともかく、最近の高速バスは「超得割号」といい、横浜ー広島の「弥次喜多ライナー」(誰だこんな愛称を考えたのは・・・)
といい設定が極端な気がしますが、これで客がつくんでしょうね・・・。

投稿: おおとり | 2005/10/07 23:24

>おおとりさん
「メガライナー」の転用はアリかも知れません。
お客が激減した「つくば号」では宝の持ち腐れですけど、「青春ドリーム」なら座席が増える分歓迎されるのではないかと思います。
まあ、国土交通省が首を縦に振るかどうかはわかりませんけどね。

投稿: つばさ | 2005/10/08 22:25

>「メガライナー」の転用はアリかも知れません

そうなったら「走る路上生活」を「走る山谷」「走る愛隣」に訂正いたします。横浜発着が設定されたら、もちろん「走る寿町」で。(^^;;;

投稿: 雲葉@横浜ジプシー | 2005/10/08 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6221262

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーム号が変わる:

» 大阪~東京間がバスで2100円 [じブんログ]
西日本ジェイアールバスが超爆安価格な夜行高速バスを運行する。 大阪~東京間がなんと2100円。 ただ、条件がついており  ・補助席である  ・通常席が満席になった場合のみ運用  ・運行期間は平成18年3月31日までの週末および繁忙期 となる。 いくら安いとは言っても、補..... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 12:12

» ドリーム号と会員制夜行バス [Cassiopeia Sweet Days]
他のブログではすでに紹介されていて、JR西日本のプレスリリースには出ていたニュース。こちらはバス会社側の公式リリースが出てから書こうと思っていたのですが、一向に出ないので^^;。 関西圏~東京圏の高速バス大改正!! 超快適・安心夜行高速バス「スーパードリーム号」運行 超格安夜行高速バス「超得割青春号」運行 西日本ジェイアールバス株式会社では、ジェイアールバス関東株式会社と関西圏~東京圏を運行している高速バスに、超快適・安心な「スーパードリーム号」および超格安な「超得割青春号」の新し...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 22:59

» 超格安夜行高速バス「超得割青春号」 [淡海の国から on blog]
JR西日本のサイトを見ていると、こんなニュースリリースが出とりました↓ 関西圏~ [続きを読む]

受信: 2005/10/04 18:05

» http://www.kakuyasubus.jp/ [Cassiopeia Sweet Days]
何と、これ、JRバスの首都圏~京阪神間高速バス専用サイトのURLです。 どうやら本気で対抗意識を燃やしているようです。内容を見る限りは、どうも西日本JRバス主導のようですね。内装の写真が全部出ているのは親切で、この路線の場合は基本的に「仕様が異なる=車両メーカーが異なる」という程度の問題なので、あまり大きな差はなさそうな気がします。 個人的には、「プラン」という呼び方が今一つしっくり来ないんですが、会員制バスの場合は「プラン」とされているので、それに合わせたのでしょう。... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 00:33

» 超割特大阪号を目撃! [空から、海から、文庫から]
東京駅での光景です。車は関東のトイレなしハイデッかーです。目玉商品の2100円補助席も含めて満席でつくば号も同じです。なお補助席はH席です。 [続きを読む]

受信: 2005/11/13 00:41

« 10月・・・ | トップページ | この電車の行先はどこ? »