« 強いぞマリーンズ | トップページ | 祝!Aクラス確定 »

2005/10/11

平成の大合併で・・・

新しい市の名前が続々と誕生していますが、ニュースなどで報道されても「いったいどこのことなんだろう」と首をかしげてしまうことがよくあります。たとえば、今日はこんなニュースがありました。

「さくら市課長を収賄容疑で逮捕 公共事業で業者に便宜」(asahi.comより)

千葉県にあるのは「佐倉市」ですけど、ひらがなの「さくら市」っていったいどこのことだろうと探してみたら、こちらは栃木県です。氏家町と喜連川町が合併して「さくら市」という名前になったのだそうです。では、なぜ「さくら市」という名前になったのか、ホームページを見てみると

氏家町では勝山城址の桜・鬼怒川堤防の桜堤、喜連川町では県道佐久山・喜連川線の桜並木・お丸山公園の桜など両町民に とって桜は長年親しまれてきた花である。また、ひらがなにすることで表現が柔らかくなり、桜の花のように美しい“まち”になってほしいという両町民のまち づくりへの願いが込められている。

なのだそうです。でも、いくら桜の花が親しまれてきたとはいっても、そのまま市の名前にしてしまうのもいささか安易なような気がします。

でも、こうした合併に伴って、ひらがなの地名があちこちで増殖しています。茨城県の伊奈町と谷和原村の合併後の市名は「つくばみらい市」だそうですし(町の玄関となるTXの駅の名前はみらい平ですね)、ほかにも茨城県には「かすみがうら市」なんていうのも誕生しています。これなんか、なんでひらがなにしたのか理由がわかりません。「霞ヶ浦市」でいいじゃん、って思いますけど・・・。そうそう、ひらがな地名じゃないし、結局合併そのものがご破算になったのですが、「南セントレア市」なんてふざけた地名もありましたね。

これまであった馴染みの地名を捨てて、新しい市のスタートというのは理解できないわけではないのですが、そういう地名も歴史と文化があるのですから、やはり大事にしていってもらいたいものですね。

|

« 強いぞマリーンズ | トップページ | 祝!Aクラス確定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6355169

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の大合併で・・・:

« 強いぞマリーンズ | トップページ | 祝!Aクラス確定 »