« バスの日 | トップページ | 道頓堀ダイブを阻止できるか? »

2005/09/22

果たして乗る人いるのかな?

10月号の時刻表をパラパラめくってみたら、びっくりするような高速バス新路線が掲載されていました。それは、

横浜-広島の昼行便

です。夜行便「メイプルハーバー」に加えて2便体制になるのですが、横浜発が7時30分、広島着が20時過ぎというダイヤで、所要時間は13時間弱。運賃は福山まで7500円、広島まで8500円と夜行便より割安にはなっています。とはいえ、夜行便ならまだしも、朝から夜までずっとバスに乗りっぱなしとなると、果たしてお客さんが乗ってくれるかどうか疑問です。

まあ、東京-大阪間を走る「東海道昼特急」が予想外の大ヒットとなったとはいえ、これだけの長距離を昼間走り通すというのは無茶なような気がします。以前、広島から横浜まで夜行便に乗ったことがありますが(ルートは現在と異なります)、12時間バスに乗りっぱなしというのは結構きついものです。

今のところ運行会社の中国バス中国JRバスともホームページに案内は掲載されていないので、詳しい内容は時刻表のデータ以上わかりません。実際、フタを開けてみたらどうなるものなのか気がかりなところです。結局、空気を運んでいる状態が続いて、早々と撤退ってことになければいいんですけどね。

|

« バスの日 | トップページ | 道頓堀ダイブを阻止できるか? »

コメント

これってすごいですね!!
ほんとに、乗る人いるんでしょうか??(笑)
早朝の東京駅で、広島から着いたバスから降りてくる人たちって、
ほんと疲れきってますからね。
昼間は景色も楽しめるけど、よっぽど好きじゃないと乗ってられないかも。
といいつつ、早々に撤退する可能性があるとしたら、
それまでに一度はヤラレてみたい気もしないでもないです(笑)。

投稿: はるか | 2005/09/23 20:42

>はるかさん
コワイもの見たさってやつでしょうか(笑)。
いくらバスの旅が好きな私でも、さすがに昼間のバスに13時間というのは遠慮したいところです。
もし、挑戦するのだったら、まず「東海道昼特急」で修行を積んでからの方がいいかも知れませんね。

投稿: つばさ | 2005/09/23 21:59

またまたこんにちは。

確かに長時間の旅程ではありますが、これはバスを昼間遊ばせないでおくための施策のように思います。首都圏で、バスを一日どこかに駐めておくとなるとそれ相応のコストもかかるわけですから、だったら走らせたほうがマシやろ、ってところなんでしょう。昼間なら京阪神圏の高速道路もそんなに混んでませんから。

でも、せっかく走らせるからには途中で退屈しないような工夫が欲しいですよねぇ・・・

投稿: Kinoppi☆ | 2005/09/24 15:32

>Kinoppi☆さん
実はこのルート、夜行便の折り返しというわけにはいかないのです。夜行便が横浜に着くのは定刻で8時過ぎなんです。ですから、昼行便のためには別のバスを用意する必要があります。だからこそ、このルートで増便する意図がよくわからないのです。

投稿: つばさ | 2005/09/24 22:51

こんばんは。

>>実はこのルート、夜行便の折り返しというわけにはいかないのです。夜行便が横浜に着くのは定刻で8時過ぎなんです。

なるほど・・・
とは言うものの、夜行便とどこかで何かがセットになっていると思うんですけどね、私は。

投稿: Kinoppi☆ | 2005/09/25 00:02

ふと思ったのですが、乗務員運用にカギがあるのではないかと。
例えば、大阪あたりから東は中国JRバスの運転手で、西は中国バスの運転手とか…。で、中国JRバスは広島~大阪線と組み合わせるとか。
中国JRバスはすでに広島線と下関線がセットという運用になっていると聞いたことがあるので、ありえない話ではありません。

投稿: のぞみくん | 2005/09/25 01:02

>Kinoppi☆さん
車両の効率と乗務員の人件費を考えると、夜行便と一体になっている方が望ましいのでしょうが、こればかりは運行が始まるまではどうなのかわからないですねぇ。
お客が乗るとは思えない路線を開設するのもある意味会社にとっては冒険が過ぎるような気がしますが、実際の意図はどこにあるのでしょうね。。。

>のぞみくん
この昼便は中国バスの単独運行らしいです。ですから、朝広島を出てきたバスが、そのまま翌朝折り返すと考えるのが自然なような気がします。
ただ、福山-広島間は1人乗務で「ローズライナー」とセットという可能性はあるかも知れませんね。さすがに13時間を2人で運転するのは結構きつそうですからね。

投稿: つばさ | 2005/09/25 20:48

 個人的には一度乗りたいというか。帰省ルートそのままなので、ずっと続いてくれればい
いのですが、帰省シーズンにはとても使いものにならないでしょう。
 それにしても値段が安いのはいいのですが、中国バス担当と聞いて車両を考えると、
ため息・・・・。まさか4列シートではないでしょうけど。

投稿: おおとり | 2005/09/25 22:20

ずいぶんごぶさたしております。

『東海道昼特急』がデビューしたとき、「時間に余裕のあるシルバーエイジに、
3列シートのバスで快適なバスの旅を提供する」というコメントを新聞記事で見ました。
いま、東海道昼特急の客層は、大学生・専門学校生と
20代後半から30代の女性が8割を占め、
シルバーエイジは1割に満たないそうです。
この客層、国内旅行では「ブルートレイン」も新幹線も「オヤジの乗りもの」と避け、
飛行機と夜行バスを利用してきた人たちと重なるそうです。
私も以前昼特急や中央ライナーに乗ったとき、
あまりの若々しさに浮いてしまいそうになるのを感じました。

広島と横浜を結ぶ昼行高速バスも、
若者と女性ねらいで意外と需要があるかも。
そういえば、海外旅行好きの女性の友人が、
「飛行機やバスに十数時間揺られるのは平気
と話しておりました。ここにヒントがあるかも。

投稿: 大和人 | 2005/09/25 23:18

>おおとりさん
それでは、ぜひ帰省の折には13時間バスの旅にチャレンジして下さいませ(笑)。ご報告をお待ちしております。
まあ、それはさておき、確かに渋滞にはまってしまうと広島に着く時間が全く読めなくなってしまうかも知れませんね。午前様になってしまう可能性も大ですね。

>大和人さん
確かに高速バスは女性の利用者の比率は高いですね。安いのは魅力ですけど、13時間という長丁場に耐えられるかどうかがカギかも知れません。まあ、アメリカのグレイハウンドに乗っていればなんのことはないでしょうけど、一般の人にはちょっと抵抗があるかも知れません。

投稿: つばさ | 2005/09/26 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6070062

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして乗る人いるのかな?:

« バスの日 | トップページ | 道頓堀ダイブを阻止できるか? »