« JR東海 超伝導リニア館 | トップページ | 「いし河」のみそかつ(名古屋・栄) »

2005/09/13

帰りはシャトルバスで

会場内を一回りしてきてさすがに疲れてきたので、17時には会場をあとにします。北ゲート前には帰りのアクセスの待ち時間が表示されていましたが、この時間帯ならリニモもシャトルバスも待ち時間なしでした。とはいえ、藤が丘乗り継ぎのリニモ~地下鉄ルートは乗り換えが面倒なのでパス。東ゲートから出て、シャトルバスで帰ることにします。

名古屋駅までは1000円で、高速道路を通るので立ち席で乗ることはできません。言い換えればシャトルバスなら必ず座って帰れます。しかも、前のバスが発車すると次のバスがすぐに到着するという具合で、さほど待たずに乗ることができます(もっとも、閉場時間近くなると待ち時間が発生するようですが・・・)。

会場を出るとすぐに高速道路に入って、東名~名古屋高速を通って、名古屋駅近くまで続きます。名古屋高速にも環状線がありますが、英語表記はRingです。首都高速はCircle、阪神高速はLoopと表記しているので、同じ環状線でも英語だと三者三様なのが面白いです。

セントラルタワーズが見えてくると名古屋駅はすぐそこ。笹島のサテライト会場は通過して、名鉄名古屋駅の上にある名鉄バスセンター4階へはわずか35分で到着。疲れた身体をいたわるにはとても楽々でした。

|

« JR東海 超伝導リニア館 | トップページ | 「いし河」のみそかつ(名古屋・栄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/5931501

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りはシャトルバスで:

« JR東海 超伝導リニア館 | トップページ | 「いし河」のみそかつ(名古屋・栄) »