« ロシア館 | トップページ | 「つくば号」はどうなるのか? »

2005/09/09

コーカサス共同館のバラソフト

グローバル・コモン4にあるコーカサス共同館はアゼルバイジャン・グルジア・アルメニアの3か国で構成されているパビリオンです。

「健康と長寿」をコンセプトにした展示とコーカサス地方の料理がいただけるレストランで構成されています。なによりもここはカスピ海ヨーグルトで有名なところ。デザートでヨーグルトにバラのシロップをかけたものとかあります。中でも飛ぶように売れていたのがソフトクリーム(300円)。中でもバラソフトは一番人気です。バラシロップを混ぜたソフトクリームは見た目も鮮やかで、一口食べてみるとバラの香りがほんのり漂ってきます。後味もさほどしつこくないので、美味しくいただくことができます。

ソフトクリームはあちこちで趣向を凝らしたものが売られていて、食べ比べするのも面白いかも知れません。モンゴルの岩塩ソフト、ドミニカのマンゴーソフト、ベルギーチョコソフト、そして名古屋を代表する八丁味噌ソフトなどなど。。。でも、いっぺんに食べようとするとおなかをこわしてしまいますね(笑)。

|

« ロシア館 | トップページ | 「つくば号」はどうなるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/5864089

この記事へのトラックバック一覧です: コーカサス共同館のバラソフト:

« ロシア館 | トップページ | 「つくば号」はどうなるのか? »