« 伊丹の特別着陸料 | トップページ | 阪神優勝 »

2005/09/28

めざせAクラス

プロ野球、ペナントレースもいよいよ大詰め。セ・リーグでは明日にもタイガースの優勝が決まり、パ・リーグもいよいよホークス・マリーンズ・ライオンズの3チームで争われるプレーオフを残すのみとなりました。

さて、地元横浜ベイスターズは8月には負けが込んで借金も10もあったのに、9月に入ってから好調で、今日現在借金も1つにまで減ってきています。そして、順位も3位をキープして、Aクラスに踏みとどまっています。Aクラス入りを争うスワローズは、9月になってから急に調子を落としているので、このまま3位に留まっていける可能性も強くなっています。なにしろ、スワローズとの直接対決が残り9試合のうち4試合を占めているのです。ここで眼下の敵に勝利を収めれば充分に達成可能です。

やはり3位と4位の間にはどうにも越えられない壁があります。ましてや、このところずっと最下位だったベイスターズにとって、Aクラス入りが目標ともなれば、選手の目の色も変わってくるでしょう。それに1年間でここまでチームを立て直した牛島監督の手腕にも感心させられます。

10月8日は「大魔神」佐々木投手の引退セレモニーがあります。できれば横浜スタジアムで最後の勇姿を見ておきたいのですが、果たしてどうなるでしょうか。。。

|

« 伊丹の特別着陸料 | トップページ | 阪神優勝 »

コメント

そういえばベイスターズには外国人野手がいるんですよね(^^;。ベイスターズの場合、名前に濁点がないと印象が薄くなるような気がします(笑)。ブラッグスとかマラベ、ズーバー、ドスター、バワーズ、ってみんな濁点がありますし。

投稿: 雲葉@横浜ジプシー | 2005/09/29 18:50

>雲葉さん
外国人野手ってだれのことだろう・・・?
濁点がなくても印象が強いのは、やはり日本最速男のクルーンになりますね。

投稿: つばさ | 2005/10/01 23:20

昨年とほとんど戦力が変わらない状況にも関わらず、ここまで粘れるようになったのは牛島監督のお陰ですね。その証拠にチーム防御率が3点台を維持していますし、神奈川新聞に掲載される選手のインタビューも今まででは考えられないくらい「前向き」なものばかりです。
この勢いがあれば来年はさらに上を目指せるはずですから、残りの試合も「気を抜かず」に頑張って、オフシーズンを迎えてほしいものです。

投稿: 佐野@流浪人 | 2005/10/01 23:52

>佐野@流浪人さん
今日は残念ながら負けてしまいました。
どうしても5割の壁を越えるところで止まってしまいますね。
とはいえ、やはりAクラスという目標があるからこそ選手も監督も前向きに頑張っていけるのではないかと思います。それが貪欲に勝ちを狙っていく姿勢に現れているのではないかと思います。
来年はぜひ、優勝争いにからんで欲しいところですね。

投稿: つばさ | 2005/10/02 21:24

>つばさ&佐野@流浪人殿
♪あなたは、もう、忘れたかしら…
 ホルツとウィットがチームにいたの…(笑)

投稿: 雲葉@横浜ジプシー | 2005/10/02 23:24

>雲葉さん
ホルツは何となく記憶があるけど、ウィットはノーマークでしたね(笑)。一軍の試合に出ていたかも定かじゃないから、来季はやっぱり契約しないってことになりそうですね。

投稿: つばさ | 2005/10/03 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6162870

この記事へのトラックバック一覧です: めざせAクラス:

« 伊丹の特別着陸料 | トップページ | 阪神優勝 »