« のんびりと常総線 | トップページ | ヨドバシAkiba »

2005/09/25

いばらぎじゃなくていばらき

これ、取手駅ビルの本屋に平積みになっていた本のタイトルです。発行は茨城新聞社で、茨城県内の主要書店でのみ発売されていて、県内ではベストセラーにまでなっているそうです。

パラパラとめくってみたら、これがなかなか面白い。東京人になった茨城人の物語とか、茨城人を地域別に分類してみたりとか(取手系、土浦系、つくば系などなど)、茨城人の常識、茨城弁大辞典と郷土愛に満ちつつもギャグとウィットに富んだ文章に思わず吹きだしてしまいそうになります。そうそう、茨城土産の定番中の定番「マックスコーヒー」の物語もあります。

実はこの本、「茨城王-イバラキング」というサイトを書籍化したもので、サイトの内容を大幅に加筆修正したものとなっています。このサイトのコンセプトは「茨城に対する世間の偏った認識を正し、茨城県民の地位向上を目指す、茨城県民の茨城県民による、茨城県民のためのサイト」だそうで、まずは茨城を「いばらぎ」ではなく「いばらき」と正しく発音することから真の茨城人としての第一歩を踏み出すことができるとのこと。この本のタイトルもそこに由来しています。

茨城に知人・友人がいる方、仕事とかで茨城に関わりのある方は、必見ですよ。

|

« のんびりと常総線 | トップページ | ヨドバシAkiba »

コメント

県広報では廃藩置県のときからいばらきだと言うけど、昔の仮名では 茨城=いはらき でどう読むかなんてこだわらなかったはずだよ。
いばらき を使い出したのも、新かな通達が出た戦後の話。県民の同意も得ないで一部幹部が勝手に決めたそうじゃないか。
そんな読み方に愛着も感じないよ。 それにそもそも年寄は「き」か「ぎ」かわかんない発音してるしね。
国民の多数が「いばらぎ」だと思ってるのが現実なんだから、この際正式に「いばらぎ」に統一すれば、この問題は簡単に解決すると思う。
他県の人が「いばらぎ」と言うたびに気が狂ったようにわめきだす茨城県人の悪い印象もなくなるし・・・

投稿: えばらぎ 容認県民 | 2006/08/27 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/6114882

この記事へのトラックバック一覧です: いばらぎじゃなくていばらき:

« のんびりと常総線 | トップページ | ヨドバシAkiba »