« 温泉が出ない・・・ | トップページ | いざ万博へ・・・ »

2005/08/28

さよなら「あそBOY」

JR九州のSL「あそBOY」が今日の運行をもって有終の美を飾ることになりました。国鉄の分割民営化の翌年、1988年に熊本県内に保存されていたSL、8620形を実際に運転できるように整備して、豊肥本線の熊本-宮地間を走りました。

私も九州を旅した時にこの「あそBOY」に乗る機会がありましたが、列車そのものをウエスタン調に改装して、車掌も客室乗務員もカウボーイスタイルで接客にあたり、まさにSL列車のの旅を楽しんでもらおうという意欲が現れていました。そして、圧巻だったのが立野駅の三段スイッチバックに挑むところ。あらん限りの力を持って、急勾配に挑んでいくSL列車はまさに迫力でした。そして、難所を乗り越えての阿蘇の山々の眺めは、本当に素晴らしいものでした。

とはいえ、このSLは1922年に製造されたもの。今年でもう83年経過しています。やはり老朽化が激しく、これ以上SL単独で運行することは困難になってしまったために、今日をもって引退することになってしまいました。奇しくも今日8月28日は、この「あそBOY」が復活運転を始めた日でもあります。これまで17年間の長きにわたって走り続けてこられたのも、SLに対する思い入れと鉄道マンとしての執念みたいなものがあったのではないかと思います。

ともあれ、これまで頑張ってきたSL、8620形には本当に「お疲れさま」という言葉をかけてやりたい気持ちでいっぱいです。

|

« 温泉が出ない・・・ | トップページ | いざ万博へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/5677823

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら「あそBOY」:

» 再起を信じて…SLあそBOY引退 [新津田沼駅]
SLあそBOYが引退運転 鉄道ファンに囲まれ 88年からの17年間、阿蘇の麓を走り続けてきた「SLあそBOY」が28日、ついに引退しました。 もともと自分は、懐古趣味よりも新しい物好きなので、SLには昔からあまり興味がありませんでした。小学生の頃、父の知人の深谷駅に勤務していた人が、秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」のチケットを取ってくれて、一度だけ乗車したことはあるのですが、それ以来今�... [続きを読む]

受信: 2005/08/29 10:59

» SLあそBOY、引退 [書きまくり@うぇぶろぐ]
私が生まれて初めて乗ったSL列車は「あそBOY」でした。そしてその「あそBOY」 [続きを読む]

受信: 2005/08/29 23:09

« 温泉が出ない・・・ | トップページ | いざ万博へ・・・ »