« 15分カット | トップページ | ついに引退表明 »

2005/08/06

「彗星」も廃止へ

JR西日本のプレスリリースによると、10月1日のダイヤ改正で京都-南宮崎を結ぶブルートレイン「彗星」が廃止になるとのこと。

夜行列車の需要が低下していること、車両の老朽化も進んでいること、それに加えてフェリーの存在などを考慮すると今回の措置もやむを得ないところなのかなと思います。なにせ、関西と大分・宮崎の間は高速バスの路線が開業しても結局定着せずにしばらくすると廃止の憂き目にあってしまうところです。そのような厳しい条件の下、これまでよく走り続けてきたと思います。

この「彗星」、過去に1度だけ乗ったことがあります。九州からの帰途、小倉から新大阪まで乗っています。新大阪に着いてからは、関西の電車をあちこち乗り歩いてから新幹線で帰宅しています。これが初めて乗った2段式の寝台で、寝ていない時でもゆったりとできるのには感激したものです。

そういう思い出の列車が消えていくのは寂しいところですけど、ラストランまで頑張ってもらいたいものですね。

|

« 15分カット | トップページ | ついに引退表明 »

コメント

トラバありがとうございました。
ここのところ、パソに触れる時間がなくて、なかなか伺えずすみません。
つばささんは、彗星に乗られた思い出があるんですね。
そういった列車が去っていくのは、やはりさみしいですよね。
わたしも、以前宮崎へ行った時に、たまたまこの彗星を見送ったことがあります。
なかなか乗る機会が今までなかったですが、
いろいろな方の思い出を乗せて、最後までがんばって走ってほしいですね。

投稿: はるか | 2005/08/13 13:25

>はるかさん
関東に住んでいると関西と九州を結ぶ夜行列車って、なかなか馴染みはないですよね。でも、たまたま乗る機会に恵まれたというだけでもラッキーだったのかも知れません。その当時はまだまだ夜行列車もかなり健在で、自分が「彗星」に乗った時もかなり混雑していたって印象です。小倉から乗り込んだ時、ほとんどの寝台はカーテンが閉まっていて寝静まっていました。
とはいえ、今では飛行機も安くなり、高速バスも走っているし、フェリーもあるとなれば夜行列車のニーズも低くなってしまうのでしょうね。
北海道方面には「カシオペア」や「トワイライト」のような列車があるのですから、九州方面にもそういう夜行列車の旅そのものを楽しむような列車があればいいんですけどね。

投稿: つばさ | 2005/08/13 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/5353723

この記事へのトラックバック一覧です: 「彗星」も廃止へ:

» 今度は彗星とさよならです。 [はるかのひとりごと。]
昨日の続きで、ロマンスカーの記事を書こうとしていたんですが、 悲しいニュースを見つけてしまいました。 ブルトレ「彗星」廃止/JR、秋のダイヤ改正発表−四国新聞社−香川県ニュース 寝台特急「彗星」を廃止 JR西 乗車率低迷で−京都新聞 電子版 今年の2月末、 伝統の寝台特急「あさかぜ」と「さくら」が廃止になったばかりだというのに、 今度は、京都始発の九州行きブルートレインがまたひとつ、 秋のダイヤ改正時に、姿�... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 13:22

« 15分カット | トップページ | ついに引退表明 »