« 日テレからも見放された・・・ | トップページ | 赤い電車に乗って・・・ »

2005/08/09

大魔神、最終登板

とうとうこの日が来てしまいました。大魔神、佐々木投手の最終登板。仙台での読売戦で、清原に対するワンポイントでしたが、彼の気持ちを最大限尊重した牛島監督の計らいだったのではないかと思います。

さすがに全盛期とはほど遠い急速でしたが、最後はフォークで三振に仕留め、どうにか面目を保ったというところ。この時、いつもの番長とは思えないほどの号泣状態だったのですが、やはり同世代のライバルの引退には一抹の寂しさを隠せなかったのでしょう。

とはいえ、今回の最終登板には異論もあるのはまた事実です。まだペナントレースを戦っている途中ですし、チームもAクラス入りがかかっています。そんな中でいくらチームの功労者とはいえ、このような形で物事を進めていくのはどうなのかなって思うところもあります。実際、牛島監督は試合前に堀内監督に謝罪をしていたそうです。引退騒動を断ち切って、速くいつものペースに戻そうと序盤のワンポイント登板にとどめたのは、ある意味正しい選択だと思います。

故郷、仙台での登板は佐々木投手きっての希望だったわけですが、ファンとしてはやはり横浜でのホームゲームで最後に登板し、きっちりと抑えてからファンに対して挨拶すべきではないかと思います。

|

« 日テレからも見放された・・・ | トップページ | 赤い電車に乗って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/5384261

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔神、最終登板:

» ササキ様vs番長、そして… [書きまくり@うぇぶろぐ]
そして今日、ササキ様が仙台で登板しました。対戦の相手はササキ様と同い年の"番長" [続きを読む]

受信: 2005/08/10 19:16

« 日テレからも見放された・・・ | トップページ | 赤い電車に乗って・・・ »