« また人身事故・・・ | トップページ | 横浜昼特急 »

2005/07/11

信州の珍味

昨日は雲葉さんのところでごちそうになったわけですが、そこに登場したのが「イナゴの佃煮」です。奥様が信州は塩尻の出身で、実家からいただいてきたものだそうです。

このように信州(特に伊那地方)では昆虫を食べる習慣があります。なんともゲテモノ食いだと思われるのでしょうが、海のない信州では昆虫といえども貴重なたんぱく源となるのです。「イナゴの佃煮」のほかにも「ザザムシ」「蜂の子」などが食卓や料理屋のメニューに普通に登場してくるそうです。「ザザムシ」は天竜川に生息しているカワゲラなどの幼虫のことで、「蜂の子」は読んで字のごとく蜂の巣の中にいる幼虫を捕って食べるのです。

さて、実際「イナゴの佃煮」はどうかというと、見た目羽や足が残っているのでグロテスクに見えます。でも、佃煮としてしっかり味が付けられていますから、そんなに泥臭さも感じず、ごはんのお供としておいしくいただけました。

ちなみに私の母も信州出身ですが、イナゴの佃煮は自分の家で作って普通に食べていたそうですし、カイコのサナギとかも食べていたそうです。確か、韓国では屋台で当たり前のようにカイコのサナギが売られています。こればかりは、ちょっと味の想像がつかないですね。

|

« また人身事故・・・ | トップページ | 横浜昼特急 »

コメント

イナゴは私が小学生位に、すでに佃煮になっていることは友達も含めてみんな知っていましたが、逆に、生きているイナゴは知りません(それもある意味問題かもしれません(^_^;))。
1990年ごろの駅弁「深川めし」(天下の東京駅の駅弁!)にもイナゴの佃煮が入っていた記憶があります。

投稿: のぞみくん | 2005/07/12 14:31

>のぞみくん
さすがにこっちのスーパーではイナゴはお目にかからないですね。信州では当たり前のように売られているのかも知れませんが・・・。

駅弁のおかずにイナゴの佃煮が入っていたというのはビックリですね。

投稿: つばさ | 2005/07/12 22:04

ごぶさたですねー。千葉ロッテはおかげさまで好調です。
韓国のカイコとは、ポンテギのことでしょう。
新大久保の某韓流カラオケ店で食べましたが、くさみがあります。

投稿: なべちゃん | 2005/09/11 01:50

>なべちゃん
ごぶさたしています。ようこそいらっしゃいました。
今年はぜひプレーオフで頑張ってもらって、マリーンズに日本シリーズに行って欲しいですね。

で、韓国で売られているカイコのさなぎ、そうそうポンデキでしたね。なんか屋台では薫製したような形で売られていたようでしたから、やっぱりちょっと臭みがあるんでしょうね。ちょっと私には食べられそうにないですね(笑)。

投稿: つばさ | 2005/09/11 19:56

燻製ですかー。ぼくは煮付けを食べましたね。
うーん、もういいやって感じです。

投稿: なべちゃん | 2005/09/13 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/4931819

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の珍味:

» 久しぶりにお客さま [(仮題)業務日誌 by 雲葉]
{/hiyoko_cloud/}  朝のうちに雨がやんでホッとしてます。今夜は友人を招いて食事会を開催なのです。自転車で来る人もいるので雨だとしんどいでしょうから。  メンバーは近隣に住む同世代と横浜から敬愛する“つばさ”同志も。ありがたくも差し入れも頂戴しました(催促?覚えがないなぁ{/face_ase2/})。  我が家への来訪者には例外なく(?)イナゴの佃煮を出します。今回は蚕のサナギの佃煮�... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 17:44

« また人身事故・・・ | トップページ | 横浜昼特急 »