« スープカレー:札幌らっきょ | トップページ | 大通公園 »

2005/06/03

札幌の地下鉄

地下鉄琴似駅(JRの駅とは離れています)から地下鉄東西線に乗って、大通公園に向かいます。

札幌の地下鉄はほかの都市の地下鉄とは大きく異なる特徴があります。それはホームに降りてみるとわかりますが、線路が1本しかないのです。1本しかない線路を案内車輪がはさみこみ、電車はゴムタイヤで走ります。いわば、モノレールが地下を走っているようなものです。世界を見渡してみるとゴムタイヤで走る地下鉄はパリとかモントリオールとかで走っているのですが、札幌のように1本のレールがガイドとなってゴムタイヤで走っているのは、世界広しといえどもここでしかお目にかかることができません。

さて、その乗り心地はというと、ブルブル震える感じもあるのですが、それでも普通の電車に比べれば車内は静かですし、そんなに揺れることもありません。車内の壁や天井には時計台・道庁赤レンガ・大通公園といった札幌市内の名所が描かれていて、札幌に来ているってことを実感させてくれます(ただし、このイラストは東西線の電車だけみたいです)。

ピュンピュンと風を切るような音を立てながら、流れるように電車は走ります。10分もかからずに西11丁目駅に到着。ここから東へと大通公園をゆっくり歩いていくことにします。

|

« スープカレー:札幌らっきょ | トップページ | 大通公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/4396670

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の地下鉄:

« スープカレー:札幌らっきょ | トップページ | 大通公園 »