« ソレイユの丘 | トップページ | カレーの店「ナイアガラ」 »

2005/05/03

セントレア:スカイタウン

開港から2か月以上経っても混雑の続くセントレア。その最も大きな要因となってるのが4階にあるスカイタウンです。事実、私が訪れた日(平日でなおかつ土砂降りの雨)も4階に向かうエスカレーターは混雑のため一部が規制されているほどでしたから、その人気のほどがうかがえるというものです。

なぜそれほどまでに賑わっているのか。やはり空港のターミナルビルらしくない、非日常的な空間が広がっているからにほかなりません。どこかのテーマパークにいるような感覚はほかの空港では味わえないものです。中央の広場をはさんで左側がヨーロッパの街並みをモチーフにした「レンガ通り」、右側が江戸時代の宿場町を再現したという「ちょうちん横丁」です。それぞれのエリアには飲食店やカフェ、地元の名産品や小物・雑貨類を販売している店が軒を連ねています。とはいえ、ヨーロッパの街並みの中に回転寿司があったり、宿場町の中にイタリアンの店やスタバがあったりとミスマッチなのはご愛敬というところでしょうか。

それにしても、もう14時になろうというのに、飲食店はどこも行列です。なにか小腹を満たそうと思ってはみたものの、この行列ではその気も失せてしまいます。とりあえず、地元の八丁味噌のお店で「八丁味噌ソフト」を食べてみましたけど、ほんのりと味噌の香りがしてけっこう美味しかったです。

まあ、空港会社としては、旅客以外からの収入も当て込んでこうしたテーマパークのような空間を創り上げたのでしょうが、ある意味それは成功しているように思えます。それでも、あまりこのような混雑が日常化してしまうと、旅客にとっては利用しにくいと思われてしまうかも知れません。そのあたりのバランスがこれからの課題となるような気がします。

|

« ソレイユの丘 | トップページ | カレーの店「ナイアガラ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3967468

この記事へのトラックバック一覧です: セントレア:スカイタウン:

« ソレイユの丘 | トップページ | カレーの店「ナイアガラ」 »