« 名鉄名古屋駅&パノラマカー | トップページ | セントレア:アクセスプラザからターミナルへ »

2005/04/30

ミュースカイ

いよいよ名鉄空港特急「ミュースカイ」に乗って、セントレアに向かいます。詳しい紹介は名鉄のホームページを見ていただくとして、最初にこの電車を見た印象はまさに「青い成田エクスプレス」です。ちなみに一般車と混結の空港特急は赤いので正面から見ると「成田エクスプレス」そのものです。

さて、名古屋・金山でお客を乗せると6両編成なのにほぼ満席です(通常は3両です)。これはダイヤの関係もあるのですが、この列車の前のセントレア行きは30分前で、次の列車はわずか2分後なのです。つまり2本続けてセントレア行きの特急が走ることになります。そうなれば、この列車にお客が集中するのは当たり前。もう少し気の利いたダイヤを組んでもらえれば、お客さんも分散していいような気がします。

神宮前を発車すると、あとはセントレアまで停まりません。とにかく速いです。最高速度は120kmまで出ますし、カーブでも速度を落とさずに通過できるようになっているからです。時々、車内のモニターで運転席からの走行風景が流れるのですが、まさに飛ぶような感覚です。合わせて現在のスピードも表示されていて、臨場感抜群です。このあたり、パノラマカーの伝統を受け継いでいるのでしょう。

ミュージックホーンを鳴らしながら、あっという間に常滑を通過して、空港連絡橋を120kmで通過します。関空の空港連絡橋ほど距離は長くないので、海上を走っているのはわずかな時間です。

「皆さま、本日は名鉄をご利用いただきまして、ありがとうございます。間もなく、この列車は定刻通りに中部国際空港に到着いたします。これから飛行機で出発の皆さま、素晴らしい空の旅になりますよう、乗務員一同お祈りいたします」

こんな気の利いたアナウンスが流れて、中部国際空港(セントレア)に到着します。なんと、名古屋からわずか28分。金山からなら24分しか経っていません。距離的にはこれまでの名古屋空港の方が近いはずですが、時間的なものは鉄道アクセスが使える分、セントレアに軍配が上がりそうです。

|

« 名鉄名古屋駅&パノラマカー | トップページ | セントレア:アクセスプラザからターミナルへ »

コメント

結局、ダイヤの大幅な手直しがないためにそういうダイヤになっているみたいですね。それだけ名古屋あたりがタイトなダイヤという事なのですが。

投稿: のぞみくん | 2005/05/01 03:56

>のぞみくん
まあ、あの名古屋駅の状況を考えれば仕方ないんでしょうが、鉄道でのアクセスが圧倒的なシェアを占めている以上、いずれは根本的にダイヤを変更した方がいいと思います。

理想としては15分おきに快特と特急が交互に発車して、その間に急行がはさまるのがいいような気がします。

とりあえずは快特(ミュースカイ)にお客が集中するので、増結をどんどんやった方がいいかと思います、

投稿: つばさ | 2005/05/01 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3925569

この記事へのトラックバック一覧です: ミュースカイ:

« 名鉄名古屋駅&パノラマカー | トップページ | セントレア:アクセスプラザからターミナルへ »