« 夜行バスのメリット | トップページ | 豆乳花(トールーファ) »

2005/04/17

バスに乗るのは前から? 後ろから?

街の中を網の目のように走っている路線バス、大都市ではどこまで乗っても同じ運賃というところが多いのですが、その場合横浜や東京では前から乗って先にお金を払い、後ろから降りるというのが普通です。しかし、これが当たり前だと思っていると、旅に出た時面食らいます。関西では後ろから乗って、降りる時のお金を払い、前から降りるというのがほとんどです。私も中学生の時、京都に出かけた時に、前扉が開かないので駆け寄っていたっところ、運転手に「後ろに行け」と言わんばかりに指さされたことがあります。

しかし、かつては関西でも前から乗って先にお金を払うというのが主流だったといいます。で、実際に前から乗った場合と後ろから乗った場合で乗降時間にどれだけ差が出るのかということを調査したようです。関西人はせっかちな人が多いのか、先払いだとあらかじめお金を用意しておらず、結構入口でもたもたしてしまうことが多かったようで、そうなると後ろで待っているお客さんが「早よせぇ~」とせっつかれることもあったはずです。それなら、いっそのこと先に乗ってしまってからゆっくりお金を用意してもらえばいいということで、後から乗って降りる時にお金を払う方が合理的だと判断したのでしょう。

とはいえ、前から乗って先にお金を払う方式にもメリットはあります。それは特に住宅地から駅に向かうようなバスの場合です。すでに乗る時にお金を払っていますから、終点でお客を降ろす時は全部の扉を開けて一斉にさばくことができ、時間の短縮になります。これから電車に乗り継ぐ人たちは1分1秒を争うこともありますから、スムーズにバスから降りられるのはありがたいことだと思います。

関西では後ろから乗って降りる時にお金を払うのが主流とは書きましたけど、例外もあります。伊丹市営バスとか奈良交通の市内均一区間などは横浜や東京と同じ乗り方です。でも、奈良の郊外に行くバスは後乗りなので、同じバス停で待っていても前から乗るバスが来たり、後ろから乗るバスが来たりと、戸惑ってしまいそうです。

前から乗るのか、後ろから乗るのかでバスの乗り方もやはり土地によって違うということです。どれだけの差があるのかは以下のサイトをご覧下さい。

 前乗り、先払い:横浜市交通局 市営バス乗り方
 後乗り、後払い:京都市交通局 市バスの乗り方

|

« 夜行バスのメリット | トップページ | 豆乳花(トールーファ) »

コメント

これって地域によって違うから、大変なんですよね!
わたしの身近なバス会社は、
前:出入口、後:しめきり、
という表示で走っていました(わかる人はわかりますね(笑))
同じ会社なのに、横浜では均一区間の前乗り後降りだったので、
最初はビックリした記憶があります。
あとは会社が同じでも、路線によって乗り方が違ったりするのもあるから、
慣れないとほんと乗るときドキドキしますね。
運転士さんも、伝えるのが大変みたいですよね~。

投稿: はるか | 2005/04/18 16:17

TBありがとうございました。
バスの乗り方ひとつでも
地域色がこんなに現れるものなんだな、と何だか楽しくなってしまいました。
先払いの悪い点は、バス停にバスがすでに停まっていて、まさに動き出そうかとしているシーンで、後から猛然とダッシュして間に合った人が、もうはあはあ呼吸困難に陥っているのに、財布がかばんの底に入っててなかなかでない、やっと出たと思ったら小銭がない・・・そういう一部始終を他の乗客に見られちゃうところですかね(笑)

投稿: Wich | 2005/04/18 21:07

>はるかさん
ハイ、その会社よくわかります(笑)。
前乗り、前降りだとどうしても乗り降りに時間がかかってしまうのが欠点ですよね。特に途中の乗り降りが多いような路線だと特にそうです。せっかく後ろにも扉があるのだから、使った方がいいのにと思うのは私だけではないはずです。

あと、この会社、路線ごとによって乗り方が違うだけでなく、時間帯によっても変わることがあったりして、余計混乱してしまいそうです。

>Wichさん
駆け込んで乗車してみたら小銭がなかった、っていうのはよくありそうなパターンですけど、車内で待っているお客さんにしてみれば迷惑この上ないですねぇ(笑)。じっと白い目で睨まれてしまうかも知れないので、気をつけないといけないですね。

投稿: つばさ | 2005/04/18 21:58

「前:出入口/後:しめきり」、私の地元の会社もそうですが、横浜からの電車の終点の駅前から出ている、緑の濃淡のラインを巻いたバスもそうだったりします。
2社とも乗降方式が同じで、しかも路線によっては時間帯によって乗降方式が変わるところまで同じ…これはもしかすると県央の文化なのかも?

投稿: のぞみくん | 2005/04/18 22:20

>のぞみくん
横浜・川崎を除く神奈川県内のバスは「前乗り、前降り」がスタンダードなような感じですね。確か、箱根の山もそうだったような。。。でも、ほかの地方でこのスタイルのバスってあまり聞いたことないですねぇ。。。

投稿: つばさ | 2005/04/18 22:39

こんにちは(^^)/ 楽しい話題なので書き込みに来ました。
関西人でしたのでバスは後乗り前降りが常識だと思っていて、中学生の時に東京で都バスに乗り込もうとして後のドアに行ったら乗れなかった…なんてことを思い出しましたね(苦笑)
#何年前の話なんだか...

ちなみにご存じかと思いますが、横浜の某駅のバス乗り場では…
・前乗り前降り後払い
・前乗り後降り前払い
・前乗り前降り前払い
の3種類が揃ってますよ(笑)

市内のバス停でも行きたい方向は同じなのに均一区間内のバスと均一区間外へ行くバスが両方来るので行き先を言う言わないで良くとまどいますね(爆)

そういえばバスカードのカードリーダの位置も会社毎に違いがあるので、普段乗っているのと違う会社のバスが来るととまどっている人を良く見かけます(^_^;;

そういう意味では横浜でバスを乗りこなすのは大変かも知れません(苦笑)

投稿: おつきさま | 2005/04/18 22:58

まあ、神奈川に本社のない会社を除いてはみんなそういう感じですね。
ちなみに、乗客側にも一つメリットはありますね。バスに乗るときに、とにかく前ドアに行けば間違いないこと…奈良では本当に迷いましたから(^_^;)。

投稿: のぞみくん | 2005/04/18 23:09

>おつきさま
一番困るのは、前乗り、先払いのバスでカードを使う時でしょう。全線均一なら黙っていても問題ないのですが、均一区間外に行くバスは黙っていると終点までの運賃を引かれてしまいます(横浜駅からだと300円以上引かれるケースもあります)。かといって、見知らぬ土地で降りるバス停がわからない場合、どう申告すればいいのかわからないので、はたと困ってしまいますね。

まあ、横浜では市営バスに乗っているだけなら簡単なのですが、ほかの会社がからんでくると、ちょっとややこしくなってしまいますよね。

>のぞみくん
奈良の場合は、「前から乗ったら後ろから降りる」、「後ろから乗ったら前から降りる」と思っていれば間違いないのでしょうが、学園前のあたりは???ですね(笑)。

投稿: つばさ | 2005/04/18 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3743304

この記事へのトラックバック一覧です: バスに乗るのは前から? 後ろから?:

« 夜行バスのメリット | トップページ | 豆乳花(トールーファ) »