« 信じられない事故が。。。 | トップページ | トランパス »

2005/04/26

脱線事故続報

JR福知山線の脱線事故、今日になって死者がさらに増え、現在これを書いている時点で76人となってしまいました。加えて押しつぶされた車両の中に15~20人が閉じこめられている状態で、さらに被害が拡大する可能性があります。

さて、事故から1日経って、さまざまな事実が明らかになってきました。

以下はasahi.comからの記事です。

 事故直前、100キロ超す速度 死者は76人に
 不運重なった2両目、車両の列崩れ側面から激突
 脱線列車オーバーラン、本当は40メートル うそ報告か
 置き石?偶然? 粉砕痕めぐりJRと県警の見方分かれる

脱線の主な原因は明らかな制限速度超過であることは免れないようですが、それがすべてではないように感じます。粉砕痕については見方が分かれているようですが、置き石がその要因であるならば、速度超過した列車がそこを通過した時に通常では想定できないような力が働いて脱線に至ったと考えることもできます。それに加えて、運転士の「定時運転しないといけない」という心理的圧迫感。そうした要因が重なり合うことによって脱線してしまった可能性があります。

あと、伊丹駅でのオーバーランは当初発表の8mではなく40m(つまり電車2両分)だったということですが、これを車掌と口裏を合わせて過少申告したというのはどうなんだろうかと思います。確かに、この列車の運転士は過去に100mのオーバーランをしてしまい処分されたことがあり、また同じミスをすることでさらに重い処分を科されることに対することに対する恐れもあったのかも知れません。しかしながら、虚偽の報告などはあってはならないことだと思います。

いずれにしても、運転士1人に事故の責任を押しつけることなく、会社の安全に対する意識も合わせて、しっかりと原因を究明し、このような大惨事が2度と起こらないようにしていただきたいものです。


|

« 信じられない事故が。。。 | トップページ | トランパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3871965

この記事へのトラックバック一覧です: 脱線事故続報:

» 尼崎の事故の続報(2) [Cassiopeia Sweet Days@WebryBlog]
ひとまず、航空・鉄道事故調査委員会の調査が始まりました。 『鉄道事故調査委が「粉砕痕」を調査』(Asahi.com) 問題の粉砕痕についても、解析するようです。 JR西日本は、事故車両最後尾の7両目から後方の左レールに、車輪が石を踏みつぶした際にできる粉砕痕(こん)があったと発表しており、委員らは、この痕跡の大きさを測ったり、ビデオカメラに記録するなどしていた。 『事故直前、100キロ超す速度 死者は76人に』(Asahi.com) 現場のカーブ手前にはブレーキ痕が残っていたこ...... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 23:01

» JR宝塚線の脱線事故:::一日たって::: [紅茶を一杯飲みながら。]
死者の数が増えていますね。   私の周りの人達は幸いにも無事でした。 ですが、死亡された方の住所を見ていると、同じ町内の人がいたり、近いところに住んでいる人たちばかりで胸が痛みます。   また、オーバーランの距離も8メートルがもっと距離が伸びて発表されてました。 当初『粉砕痕があったから置石の可能性もうんたら・・・・・・』とJRの方が発表されていましたが、朝のピー�... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 23:26

« 信じられない事故が。。。 | トップページ | トランパス »