« 3月だというのに・・・ | トップページ | 浪漫鉄道 »

2005/03/04

ソニック

なんか、列車に乗ってる話ばかりしていて恐縮なのですが、もう少し辛抱して下さい。まあ、それだけJR九州の列車たちは個性派揃いということなので・・・。

ということで、博多からすぐの乗り継ぎで大分ゆきの「ソニック」に乗り込みます。白い方は先程乗ったのですが、元祖「ソニック」は初めてです。とにかくこの列車、インパクト強すぎです。外観もロボットのような、いかにも近未来的なデザインなのですが、車内はもっと派手。特に目につくのが座席についているヘッドレスト。赤・緑・青と派手な原色を使いまくりです。パッと見るとミッキーマウス帽のようにも見えて、それがずらっと並んでいるのはある意味異様な感じもします。床のカーペットの色使いもこれまた派手で、模様のパターンは車両によって異なるという凝りようです。

まあ、一言で言ってしまうなら、「つばめ」や「白いかもめ」を手がけた同じデザイナーの手によるものとはとても思えない、というほど派手です。旅行者にとっては乗って楽しい列車かも知れませんが、いつも利用している人たちにとってはちょっと落ち着かないデザインかも知れません。

さて、そうこうしているうちに車窓には若戸大橋が見えてきて、北九州市内に入ります。以前は車窓の左側だったスペースワールドが右側になっていたのは今更ながら新たな発見。そういえば、線路付け替えたんでしたっけ。。。そして列車は小倉に到着。お客さんも進行方向も入れ替わって、「ソニック」は別府・大分へと先を急ぎます。

私も小倉で下車して、向かい側のホームに停まっていた列車に飛び乗り、門司港へと向かいます。

|

« 3月だというのに・・・ | トップページ | 浪漫鉄道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3172386

この記事へのトラックバック一覧です: ソニック:

« 3月だというのに・・・ | トップページ | 浪漫鉄道 »