« あれから一年・・・ | トップページ | 決戦前夜 »

2005/02/07

130円で大回りの旅

いま、JR東日本の初乗り運賃は130円ですが、その130円のきっぷで東京近郊区間を大回りしながら列車に乗り歩くのは安上がりな旅のひとつと言えるでしょう。最近は東京近郊区間のエリアも大きく広がっているので、かなり長い距離を乗ることもできます。

例えば横浜を起点に考えてみましょう。まず、成田空港ゆきの列車に乗って成田まで行きます。そのあと我孫子~友部~小山~高崎~大宮~川越~高麗川~八王子~橋本~茅ヶ崎~大船とたどり、締めくくりに根岸線で桜木町まででひとまわり。これだけ乗っても130円でOKです。もちろん、もっと長い距離をたどることも可能ですが、あまりにもエリアが広いため、ヘタすると旅を楽しむどころか修行になってしまいかねませんので、ほどほどがいいでしょう。

でも、この旅を実行させるために気をつけなければならないことがいくつかあります。まず、エリア内ならどんなに大回りしてもいいのですが、同じ駅を2度通るのはNGです。あと、途中下車はできません。もし、途中下車したら乗車駅からその駅までの運賃と130円の差額が請求されます。ですから、食事も買い物も全部「駅ナカ」で済ませないといけないことになります。

そういう制はあったとしても、ちょっと気が向いた時に車窓をのんびり眺めながら列車の旅というのもいいものかも知れませんね。

|

« あれから一年・・・ | トップページ | 決戦前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/2844481

この記事へのトラックバック一覧です: 130円で大回りの旅:

» 130円大回り列車の旅 [りゅうちゃんミストラル]
すでに多くの人に紹介されているのでかなり有名なことだが、JRの近郊区間内では130円で1日列車に乗ることができる。(場所によっては130円でないこともある)この方法は、コミック「鉄子の旅」で紹介された。「大回り」は隣の駅までの切符を買い、近郊区間内を大...... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 11:39

« あれから一年・・・ | トップページ | 決戦前夜 »