« リレーつばめ | トップページ | 最後の「あさかぜ」 »

2005/02/28

焼麦

「焼麦」と書いて「しゃおまい」と読む。世間一般的には「しゅうまい」のことです。

鳥栖駅の隠れた名物が中央軒の「焼麦」です。しゅうまいと言えば、なんと言っても横浜の崎陽軒(こちらでは「シウマイ」と呼んでいます)ですが、こちら鳥栖駅の「焼麦」も駅弁業界ではよく知られた有名な存在だそうです。ちなみに中央軒の「焼麦」は昭和31年から、崎陽軒の「シウマイ」は昭和3年からの長きにわたって親しまれています。

それで、幼い頃から慣れ親しんでいる崎陽軒のシウマイとの食べ比べをしてみようということです。さすがに弁当を買うには中途半端な時間なので、夜のおつまみ用として9個入り400円也を買い求めました。

さて、夜、ホテルに入ってからゆっくりといただきます。酢醤油とからしをつけていだたくのが九州流なのでしょうか。コクがありながらもあっさりとした味わいがなかなかいいです。酢醤油をつけることによって、さらにすっきり感が増すような感じがしました。温めればもっと美味しいのかも知れませんが、まあこれは仕方がないところですね。

で、崎陽軒とどっちが好みかと問われれば、うーん。。。難しいところ。甲乙はつけがたいのですが、やっぱり慣れ親しんだ崎陽軒の方に軍配を上げることになりそうです。

ところで、この「焼麦」にもついてきた酢醤油なんですが、九州では当たり前に使われている調味料のようです。コンビニで豚まんを買うと、店員に「酢醤油とからしはお付けしますか?」と聞かれて、思わず「えっ!?」と思ってしまう私でした。

|

« リレーつばめ | トップページ | 最後の「あさかぜ」 »

コメント

トラバありがとうございます(^^)
9個入りということは…、復刻版ってもう売ってなかったですか??
うーん、だとすると、崎陽軒に軍配が上がってしまうのも無理はないのかなあ~。
「シウマイ」もそうですけど、真空パックだとちょっと味が変わってしまいますよね。
つばささんには復刻版のふっくらした焼麦を食べてほしかったです~。

あの酢醤油、けっこう合いますよね!
博多で売ってる寿軒のシウマイも、やっぱり酢醤油でしたけど、
こちらもちょっと胡椒が効いてておいしかったです♪

投稿: はるか | 2005/03/01 01:14

>はるかさん

次の列車の時間も迫っていたので、復刻版があるかどうかチェックし忘れてしまいました。15時過ぎという中途半端な時間帯だったので、すでに売り切れていたかも知れませんね。仮にあったとしても1人で15個も食べるのはちょっときつかったかも(苦笑)。

というわけで、焼麦のホントのおいしさを味わうのは次の宿題になっちゃいますね。

投稿: つばさ | 2005/03/01 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/3119189

この記事へのトラックバック一覧です: 焼麦:

» 焼麦(しゃおまい):佐賀県 [はるかのひとりごと。]
佐賀県鳥栖市の中央軒さんの「焼麦(しゃおまい)復刻版」です。525円。 携帯からもリアルタイムにアップしたんですけど、 「しゃおまい」とはシュウマイのこと。 ... [続きを読む]

受信: 2005/03/01 01:10

« リレーつばめ | トップページ | 最後の「あさかぜ」 »